賃貸契約の所有権は?!持っている人が管理する

使用料を支払って使用する賃貸契約

最近の企業は資産を持つことを好まない傾向にあります。その昔不良資産と言う言葉が流行したとおり、資産として持っていたものがいつ価値がなくなるかもしれないリスクがあるためです。そのため資産として何かを所有するのではなく、所有権を持たずに必要品を使用し、その使用料を支払うという賃貸契約というスタイルが好まれており、企業が使用するものの多くがリースであったり、レンタルという形で使用されていることが多いです。

所有しているのは大家さん

賃貸の場合には所有権が貸し手にあるため、借り手は賃借料を支払い使用します。例えば賃貸住宅に住んでいる場合にはその所有者は大家さんになります。借り手が普通に生活している間において、設置されている暖房器や給湯器が故障した場合は、借り手が大家さんに連絡して修理してもらいます。その修理費用は大家さんが負担します。それを所有しているのは大家さんなので修理費用も負担することになります。借り手はそれらが通常に稼働していることを前提に借りているのです。

本来の目的が得られない場合

同様に企業においても賃貸契約を締結してリース契約という形で使用しているものが多くあります。その代表として多くの企業で使用されているのが複合機です。最近ではコピー機能のみならずファックス機能やプリンターとしての機能も持ち備えているものも多く、1台で複数の役割をこなすために、その設置スペースも含めて企業としては効率的に使用できます。この場合にも稼働で摩耗する部品や定期点検代金はリース代金に含まれた形で契約されているケースが多いですが、本来の機能が稼働できない場合にはリース会社の方で本体自体を無料で交換してくれます。

賃貸とは賃料を取り、貸している物件のことです。マンション、アパート、一戸建て等の住宅や、駐車場等の不動産もあります。