初心者必見!賃貸の間取りについての基礎知識

L・D・Kとは何を意味するのか

賃貸の間取りをあらわす表示方法として、3LDKなどという表記がありますが、初めて部屋探しをする人にとっては、それが何を意味するのか分からないという場合も多いでしょう。意味としては、「L」がリビングで「D」がダイニング(食堂)、そして「K」がキッチンになります。間取りの種類としては、家族用の間取りに多い「LDK」タイプや、二人暮らし用によくある「DK」タイプ、そして一人暮らし向けの「1K」タイプや「1R(ワンルーム)」タイプがあります。また、頭に付いた数字(3LDKの3など)は、居室の数をあらわしています。

1Kと1Rの違いは何か

「1K」と「1R」は、一人暮らし用としてよく選ばれるタイプの間取りですが、この2つの間取りの違いは、基本的には居室とキッチンを隔てる扉が有るか無いかの違いになります。隔てる扉が有るほうが「1K」で、無いほうが「1R」になり、多くの場合、1Kのほうが部屋全体の面積が若干広くなります。「1K」のメリットとしては、居室とキッチンを隔てるため、キッチンの臭いを遮断できることなどが挙げられます。そして「1R」のメリットとしては、家賃が比較的安く、開放感があることなどが挙げられます。

DKとLDKの違いは何か

「DK」と「LDK」は、家族用や二人暮らし用としてよく選ばれる間取りですが、「DK」は、ダイニングキッチン(食堂付きキッチン)だけの間取りであり、「LDK」は、そのダイニングキッチンにリビングが繋がっている間取りになります。そして広さに関しても、「DK」は4.5畳~8畳未満で、「LDK」は8畳以上というのが一つの目安になっています。また、それぞれのメリットとしては、「DK」は比較的家賃が安く「LDK」は広々としていることなどが挙げられます。

札幌の賃貸は降雪のことを第一に考えることです。雪が降ってくると交通が渋滞するので地下鉄駅の近くが便利です。