賃貸マンション選びは防犯に注意!一人暮らしで大切な3つのポイント

立地を考えて安全な地域選び

一人暮らしの賃貸マンション選びでは、防犯性を大切にして選ぶのが重要な観点の一つです。一人で暮らしていると何かトラブルに遭ってしまったときに対処に困ってしまうことが多く、危険な状況に遭わないように予め用意をしておくと良いでしょう。その視点から大切なのがどこに住むかです。地域の情報を集めて犯罪が発生しやすい場所でないか、大通りから外れていて暗闇になるような立地ではないかといった点を確認して賃貸マンションを選ぶと安心でしょう。

ドアロックのタイプの考慮が重要

一人暮らしの賃貸マンション選びでは家を留守にしてしまう時間が長い点を念頭に置いておくことが大切です。セキュリティーがしっかりとしていない部屋に住んでいると、いつの間にか空き巣に入られてしまうという場合があります。ドアロックは空き巣にとって最終関門になるため、ディンプルキーのように簡単には開けられない鍵がついている部屋を選ぶと安心です。ピッキングがしにくいものかどうかを調べてから賃貸マンションを決めましょう。

悩んだら選んでおきたいエントランスセキュリティー

防犯設備を整える傾向は賃貸マンション業界では強まっています。賃貸マンションではエントランスセキュリティーを付けるケースも多くなってきました。必要かどうかで悩んだらエントランスセキュリティーがあるマンションを選んでおくに越したことはありません。たとえ部屋の鍵を開けられる空き巣であっても、エントランスセキュリティーを越えられないことはよくあるからです。他の侵入経路がないかも確認して、万全な体制が整っているなら重要な設備として選んでおくと良いでしょう。

札幌市中央区の賃貸は、豊平川に架かる幌平橋の近くが良いでしょう。中の島公園が近い住宅地で、地下鉄南北線幌平駅もあります。