一人暮らしの方必見!最近人気の賃貸物件の特徴とは?

敷金礼金を払わなくていい物件が全国的に増加中

最近は、空き家が増加しているという問題もあって、敷金礼金なしで賃貸物件が借りられるケースが増えてきています。特に地方では、敷金礼金をなくして少しでも空室率を低くしようと考えるオーナーが増えています。敷金と礼金は、合計すると20万円以上になることも珍しくはありません。こうした初期費用を削減できれば、それだけ一人暮らしを始めるに当たって用意するべきお金も減らせるわけです。賃貸仲介サイトでも、敷金礼金なしの物件に絞り込んで検索ができるので、まずはこうした物件から探していくとお得ですよ。

フリーレント物件なら十万円以上お得になるケースも

都市部の物件には、フリーレント期間が設けられている場合も少なくはありません。フリーレント期間は家賃を払う必要がないということになっているので、ダイレクトに十万円以上も得をすることができると話題です。長い場合は半年程度フリーレント期間があって、総額五十万円以上得になることもあります。ただ、こうした物件は二年の契約期間中は別の場所に引っ越すことはできないので、ある程度長くその場所に留まる予定がないと入りにくいかもしれませんね。

マンスリーマンションは面倒がない点が素晴らしい

一人暮らしを始めるにあたっては、家具や家電の調達も面倒になります。費用もかかりますし、新居に運び込む手間もかかります。マンスリーマンションは、基本的には家具家電付きなので、面倒が嫌ならこうした賃貸物件を選ぶのも悪い方法ではありません。確かに、マンスリーマンションは家賃が高い傾向にあります。ただ、家具家電を一から揃えることを考えれば安いものです。光熱費やネット代も家賃に含まれている場合は、むしろリーズナブルなケースも出てきます。

函館市の賃貸を選ぶテクニックをつかむために、いくつかの周辺の物件の築年数や敷地面積に目を通しておくことが有効です。